HOME > 健康保険の給付 > 病気やけがで仕事を休むとき

健康保険の給付

病気やけがで仕事を休むとき

傷病手当金

被保険者が、病気やけがの療養のために仕事に就けず、給料がもらえない場合には、連続して4日以上休んだとき4日目から休業保障として傷病手当金が支給されます。

傷病手当金が支給されるのは、次の3つの条件をすべて満たしているときです。

(1)療養のため仕事に就けない

被保険者が病気やけがのために仕事に就けない(労務不能)とき。労務不能かどうかは、医師の意見書をもとに健康保険組合が認定を行います。入院中だけでなく、退院後の静養中や自宅療養も対象となります。

(2)連続4日以上休んでいる

労務不能となった日から連続して4日以上仕事を休んだとき、4日目から支給されます。最初の3日間は「待期」といって傷病手当金の支給されない期間です。

(3)給料がもらえない

給料が支給されても、その金額が傷病手当金より少ないときは、差額分が支給されます。

→各種手続き・申請書類

傷病手当金の支給期間

支給期間は、支給開始日から1年6か月が限度となっています。これは暦の上での1年6か月間という意味なので、途中で出勤した日も含めて1年6か月経過した場合には支給は打ち切りとなります。

また、会社を休んだ最初の3日間は「待期」として支給されません。

傷病手当金の支給額

仕事に就けなかった日1日につき支給開始月を含む直近12か月の平均標準報酬月額の30分の1の3分の2相当額()が支給されます。ただし、給料の一部が支給される場合などで、その額が傷病手当金より少ないときには、傷病手当金との差額分が支給されます。

ただし、標準報酬月額が定められている月が12か月に満たない場合は、支給開始日以前の直近の継続した各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額、または支給開始日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の、いずれか少ない額の3分の2相当額

詳しく教えて!Q&A

Q 病気のため1か月会社を休みました。最初の1週間は有給休暇を使い、その後は欠勤扱いで給料の支払いはありませんでした。傷病手当金はいつからの分が支給されますか?
Q 傷病手当金の支給を受けている間に、また別のけがをして仕事に就けない状態が続いています。新たに傷病手当金は支給されますか?
Q 療養期間中に軽い内職をしましたが、傷病手当金は減額されますか?
Q 以前と同じ仕事には就けませんが、他の軽い仕事ならできる程度に回復した場合は傷病手当金の支給はどうなるのですか?
Q 障害厚生年金を受けられるようになったときも、支給されるのですか?