HOME > 退職したら、高齢になったら > 任意継続被保険者

退職したら、高齢になったら

任意継続被保険者

任意継続被保険者になるには

退職の日まで継続して2か月以上被保険者であった人は、申請により最長2年まで加入を継続できます。これを「任意継続被保険者」といいます。

任意継続被保険者となれるのは、被保険者でなくなった日までに継続して2か月以上の被保険者期間がある人です。ただし、加入手続きは資格喪失の日から20日以内に申請することが必要です。

任意継続被保険者の保険料

被保険者・被扶養者ともこれまでと同じ保険給付が受けられますが、保険料は事業主負担分も含めて全額被保険者負担となります。また、期間は原則として2年間までですが、再就職したときや死亡したとき、保険料を滞納したときなどはその資格を失います。

任意継続被保険者の資格がなくなるときは

次のような場合、任意継続被保険者の資格を失います。

  • 保険料を期限までに納めなかったとき
  • 資格取得日から2年経過したとき
  • 再就職して別の健保の被保険者となったとき
  • 本人が亡くなったとき

詳しく教えて!Q&A

Q 任意継続被保険者の資格を取得するのはいつからですか?
Q うっかりミスで退職の翌日から20日以内に申請をしなかった場合は、任意継続被保険者の資格は取得できないのですか?